/最高のデレ・アリを解放するためにマウリシオ・ポチェッティーノがするべきこと

最高のデレ・アリを解放するためにマウリシオ・ポチェッティーノがするべきこと

チャンピオンズリーグ決勝でのデレ・アリの不変の印象は、交代させられた後に怒りで水のボトルを床に投げていることだろう。

 

アリの爆発した感情は、交代させられたことよりも自身のパフォーマンスに向けられたものだったが、非常に大きなポテンシャルを持つ選手にとっては残念なことだった。

アリはまだ若く、23歳になったばかりのまだまだ将来のある選手だ。しかし、ポチェッティーノは彼がどうやって軌道に乗ったかを考える必要がある。

彼のヒーローであるスティーブン・ジェラードのようなBox to Boxのミッドフィルダーになるか、前シーズンまでのようにハリー・ケインの背後でほとんどセカンドストライカーのような自由で得点力のあるアタッキング・ミッドフィルダーになるか。

現在の彼は真ん中のどこかで立ち往生しており、調子と自信を失っている。シーズン中盤の怪我は彼の助けにならなかった。

昨シーズンの14ゴール17アシスト、さらに前のシーズンの22ゴール13アシストと比較して、今シーズンほんの7ゴール8アシストの彼は、イングランド代表に合流するために出発するだろう。

若い選手たちは成長している時に常に波があり、ポチェッティーノはアリを軌道に乗せるだろう。

しかし、その成長には彼のベストポジションを監督が決めることが必要だ。

ソン・フンミンの出世とルーカス・モウラの出現によって、ポチェッティーノが彼らにより攻撃的な役割を与え、アリをしばしばサイドや低い位置で起用することが見られた。

そのイングランド代表選手が沈黙している中、韓国人選手とブラジル人選手はゴールを分け合っていた。

また今夏クリスチャン・エリクセンが移籍するなら、ポチェッティーノはアリをケインの背後に置くのではなく、より組み立ての役割を与えるという仮説もある。

さらに低いポジションも存在する。アリが加入したシーズンの序盤、エリック・ダイアーの横でプレーしていました。アリは戦術的に規律があり、Box to Boxの選手としての勢いも持っているので、そのポジションでも上手くプレーするが、ゴールへの脅威は失われる。

ポチェッティーノは起用法の多い選手を好んでいるが、アリの場合はどのポジションでプレーするべきか決める必要がある。

現在、この23歳の選手はヨーロッパで最もエキサイティングな若手選手の1人だが、今シーズンは彼のシーズンではなかった。彼の監督は、デレ・アリのチャントが歌われている時、なぜ歌われているのかを考えなければならない。トッテナムもだ。

 

Tottenham Hotspur