/ジョゼ・モウリーニョの早くもローマの新監督に就任したことのトッテナムへの影響

ジョゼ・モウリーニョの早くもローマの新監督に就任したことのトッテナムへの影響

ジョゼ・モウリーニョは、先月トッテナム・ホットスパーでの監督の職を解かれた後、すでにASローマを新しい職場とすることを決め、イタリアとセリエAに向かうことになっている。

ジョゼ・モウリーニョは、トッテナムでの職務を解かれた後、新しい仕事を見つけるために時間を費やすことなく、ローマで指揮を執ることに合意した。

4月19日にトッテナムとの契約を解かれたジョゼ・モウリーニョは、今週、次の職場について時間をかけて探すとThe Timesのインタビューで次のように語っていた。

「フットボールの現場に戻る機会を待つよ。適切なクラブというだけでなく、適切な文化を持ったクラブをね。もしかしたら来シーズンは時期尚早かもしれないが、そのうちわかるだろう」

しかし、そのインタビューからわずか数日後、セリエAのローマは、パウロ・フォンセカが今シーズン限りでクラブを去ることを発表し、58歳のモウリーニョを2020-21シーズンの新ヘッドコーチとして3年契約で迎えることを発表した。

火曜、ローマへの入団を決めたモウリーニョは次のように語っている。

「この素晴らしいクラブを率いる者として私を選び、私をクラブのビジョンの一部にしてくれたフリードキン一族に感謝するよ」

「オーナーやティアゴ・ピントと自分を比較してみて、このクラブの野心の高さがすぐにわかった。この願望と意欲は、私を常に動かしてきたものと同じであり、今後数年間、共に勝利の道を築いていきたいと思っている」

「ローマのファンの皆さんの素晴らしい情熱に口説き落とされてこの仕事を引き受けた今は、来シーズンのスタートが待ち遠しいよ。同時に、パウロ・フォンセカの幸運を祈っている。また、メディアの皆様には、追って発表することをご理解いただきたい。Daje Roma!(頑張れローマ!)」