/リーズ戦の後にコンテが選手にした振る舞いとルーカスとレギロンの意見の相違…

リーズ戦の後にコンテが選手にした振る舞いとルーカスとレギロンの意見の相違…

試合後、レギロンは喜びと疲れが入り混じった表情でSky Sportsのフラッシュ・インタビューで語った。

「世界で一番幸せだよ」

「僕のプレミアリーグでの初ゴールだし、勝ち点3も獲得できた。これからも続けていくよ」

「攻めるときにはストライカーのメンタリティを持たなければならないし、監督もそれを望んでいる。今は、死んだような気分ですが、同時にとても幸せだよ」

「ハーフタイムには、監督から一人一人が努力するように言われたんだ。僕らはすべてを捧げたよ。これが今の僕らの戦い方だ」

「僕らのメンタリティは、ビッグチームのようになっている。僕らは勝ち点3を獲得した。選手たちは、自分たちがもっと(後半に)力を発揮しなければならなかったと思っている。僕らは試合に集中し、前進し続けたんだ」

トッテナムは新しいフォーメーションで継続していく必要があり、コンテが導入した3バックとウイングバックのシステムにまだまだ慣れていく必要があるが、うまく噛み合えば素晴らしい結果をもたらすだろう。

Antonio Conte gestures from the sidelines during the Premier League match between Tottenham Hotspur and Leeds United

さらに上を見据えるコンテ

後半はトッテナムがかなり改善したが、アントニオ・コンテへの期待を考えると、これはまだ序章に過ぎない。

スパーズのヘッドコーチは、選手たちに45分ではなく95分間、本気で走り続けるようにしたいと考えている。

トッテナムの選手たちがコンテの要求にどれだけ早く適応できるかは、フィットネスが重要なポイントになるだろう。

代表に招集を受けなかった選手たちは、この2週間でミニ・プレシーズンのようなものを行い、各国に帯同した選手たちは、代表戦の後に個別のトレーニング・セッションをこなした。

リーズ戦の勝利後、コンテが信頼する3人のフィットネス・コーチの1人、ジャン・ピエロ・ヴェントローネによるピッチ上でのフィットネス・セッションが試合後のピッチの上で続けられた。

まず、セセニョンと、短い出場時間で素晴らしい活躍を見せたダビンソン・サンチェス、そしてデレ・アリの3人の途中出場した選手も、この試合でプレーした時間よりも多くの運動を課された。

その後、出場しなかった残りの選手たちはスタジアム内の芝生の上でスプリントやリアクション・テストなどのトレーニングを行った。