/リーズ戦の後にコンテが選手にした振る舞いとルーカスとレギロンの意見の相違…

リーズ戦の後にコンテが選手にした振る舞いとルーカスとレギロンの意見の相違…

この28歳のストライカーは、試合終了時には完全に疲労困憊していたが、それは良い兆候で、彼はチームに十分に貢献していたからだ。

特に前半、ケインはチームの唯一のクリエイターとなることを余儀なくされ、深い位置に下がってウイングバックにボールを大きく展開していた。

後半になっても、ケインは広範囲をカバーし続け、まだ本来の役割を果たしていないものの、ゴールのチャンスは掴んでいた。

そして何よりも、スパーズ・ファンが見たかったのは、周りのチームメイトへの気遣いのできる選手であり、この夏の混乱の後に再び見たかったケインの姿がそこにあった。

「彼の夢はトッテナムで優勝することであり、私は彼を助けたい!」とコンテはイタリアのメディアGazzetta dello Sportに語った。

「彼はトッププレーヤーだ。彼に何かを伝えれば、1分後にはそれを実行に移してくれる。才能があり、クオリティーが高く、フットボールが分かっていて、ゴールの仕方を知っている。ケインのような選手はほとんど見たことがないよ」

ケインと並んで脅威的だったのがソンで、トレードマークであるスプリントでピッチを駆け上がり、巧みな動きの後にバーを叩いたシュートを含め、何度かゴールに迫った。

コンテはこの2人を再び活性化させなければならない。そうすればトッテナムの攻撃は機能し始めるはずだ。

しかし、チームにはもっと創造性が必要であり、タンギ・エンドンベレがベンチで控えていたことも、それに影響していたと言えるだろう。

コンテはその才能にもかかわらず、まだこのフランス人に魅了されていないようだ。試合を控えての記者会見で、「エンドンベレは自分のためではなく、チームのためにプレーしてほしい」と語り、コンテがすべての選手に与える非常に特殊なタスクをエンドンベレはまだ遂行できるレベルにはないことをほのめかしていた。

エンドンベレはトッテナムが必要とする創造性の魔法を持っているが、チャンスを得た時に活力と応用力の両方を発揮できることを、監督に納得させなければならないだろう。

Antonio Conte celebrates with Ryan Sessegnon after the victory in the Premier League match between Tottenham Hotspur and Leeds United