/リーズ戦の後にコンテが選手にした振る舞いとルーカスとレギロンの意見の相違…

リーズ戦の後にコンテが選手にした振る舞いとルーカスとレギロンの意見の相違…

トッテナム・ホットスパーが2-1で勝利した日曜日の午後のプレミアリーグ、リーズ・ユナイテッド戦での話題を紹介する。

コンテの情熱

日曜日の試合の後半、トッテナムはすでにリーズとの試合を好転させていたにもかかわらず、アントニオ・コンテはファンからもっと多くの声援を求めていることに気がついた。

そこでコンテは、テクニカル・エリアから出て、スタジアムの4方向のスタンドに向かって両手を何度も上げ、「もっと声を上げろ」と叫んでいた。

逆転ゴールが生まれた後、スタジアムの雰囲気は停滞し始めていた。イタリア人は、スパーズに逆転を許したリーズが終盤に入ってからの勢いを取り戻してくるかどうかを心配していた。

その結果、58,989人の観客の大半を占めるスパーズ・ファンは、それに応えるように唸り声を上げ、再び歌い始めたのだ。

コンテの情熱と激しさは、選手にも、周りのスタッフにも、さらにスタジアムのファンにも伝染した。

ヌーノ・エスピリト・サントには、彼の長所が何であれ、これは持ち合わせていないものだった。彼は善良な人物だが、静かで控えめな人物でもあり、タッチラインでの存在感は記者会見での彼の姿と同じで、気難しく、刺激が少なかった。

トッテナムが単にダグアウトにチアリーダーを必要としているとは言わないが、選手もファンも、もう一度信じさせてくれる者を必要としている。

日曜日の試合は、前任者たちの時代に見せられた低調なパフォーマンスで前半を終え、そこでスタジアムの誰もがスパーズを信じさせてくれる者を必要としていた。

前半のスパーズは、リーズの選手たちにポゼションを与え、自分たちはわずか2度しかゴールを狙えないという、まるでアウェイでの戦いのような状態が長く続き、シュートを打つまでの時間が長くなってしまった。

その一方でリーズのウイング、ダニエル・ジェームズが至近距離からシュートを放ち、ハーフタイムにはトッテナムのファンが大挙して不満を顕にした。

試合前、スタジアムのアナウンサーがコンテをスパーズでのプレミアリーグ初のホームゲームに迎え入れ、大喝采を浴びたが、ハーフタイムには彼の率いるスパーズにブーイングが浴びせられた。大物監督の就任に浮かれたハネムーン期間はすでに終わっていたのだ。