/フィンセント・ヤンセン:移籍マーケット最終日にスパーズ残留が濃厚もまだ残る移籍への道

フィンセント・ヤンセン:移籍マーケット最終日にスパーズ残留が濃厚もまだ残る移籍への道

移籍マーケット最終日の期限を迎えてもスパーズからの移籍が実現しなそうなフィンセント・ヤンセンだが、まだこれから数日中であればこの冬に移籍する可能性は残されている。

 

トッテナム・ホットスパーからの1月の移籍マーケットでの移籍は失敗に終わりそうなフィンセント・ヤンセンだがイギリスの移籍マーケット終了後にもまだクラブを離れる選択肢はありそうだ。

まず、24歳のストライカーが2017年に辿ったのと同じ選択肢。当時、ヨーロッパの夏の移籍マーケットの期限中に移籍を成立できなかったものの、最終日の数日後にトルコのフェネルバフチェにローン移籍を決めていた。

移籍マーケット最終日にはドイツのシャルケへのローン移籍に向けた交渉が行われたが、英国時間の17時に期限であったドイツの移籍マーケット終了までに交渉に進展は見られず。

スペインのレアル・ベティスもヤンセンに興味を持っていたが、ウェストハムのルーカス・ペレス、チェルシーのミヒー・バチュアイを獲得候補としていたベティスからは正式なオファーが届くことはなかったようだ。

マウリシオ・ポチェッティーノのチーム構想はハッキリしており、ヤンセンがファーストチームに戻ることはないと断言されている。

しかし、ムサ・デンベレが中国への移籍を決めたことで外国人選手の登録枠が1つ空いた。