/ヴィクター・ワニアマ:ケニア代表を15年ぶりのアフリカ杯出場に導くも負傷の懸念あり

ヴィクター・ワニアマ:ケニア代表を15年ぶりのアフリカ杯出場に導くも負傷の懸念あり

アフリカ・カップ・オブ・ネーションズのエチオピア戦で、トッテナムのミッドフィルダー、ヴィクター・ワニアマによるPKからのゴールなどで勝利したケニアが、15年ぶりとなる本戦出場を決めている。

 

日曜、トッテナムのヴィクター・ワニアマがキャプテンを務めるケニア代表は、エチオピアに勝利して、15年ぶりにアフリカ・カップ・オブ・ネーションズの出場を決めている。

ケニアの首都ナイロビにあるカサラニ・スタジアムに詰めかけたファンは、Jリーグの柏レイソルで活躍するマイケル・オルンガの先制ゴールに加え、エリック・オモンディの追加点を見届けることになった。

スパーズのワニアマはケニア代表のキャプテンを務め、67分にPKからケニアの3ゴール目を記録し、勝利を決定づけている。

Wanyama scored a second-half penalty to wrap up a 3-0 win at the Kasarani Stadium in Nairobi

この結果を受けて、ケニアは4試合を終えて7ポイントでグループFで首位。消化試合が2試合の最下位シエラレオネは、現在勝ち点3でケニアに追いつくことが可能だが、FIFAの制裁によってグループ突破の道は断たれている。このため、ケニアはグループ突破が確定で、2位エチオピアと3位ガーナでグループFのもう一つの本戦出場枠を争うことになる。