/ヤン・フェルトンゲン:負傷の最新情報

ヤン・フェルトンゲン:負傷の最新情報

先日夜のチャンピオンズリーグ・セミファイナルのアヤックス戦で頭部を負傷したヤン・フェルトンゲンは、本日(5月1日)、検査を受けました。フェルトンゲンは鼻に小さな裂傷を負い、多くの出血がありました。

 

衝突のあったプレーの後、メディカルチームはフットボール協会の脳震盪に関するガイドラインを遵守した対処を行い、フェルトンゲンはピッチ上でも検査を受けています。

フェルトンゲンはその場で受けたテストにすべて正しく明快に回答し、そしてプレー続行が可能との判断が下されました。

ビデオの記録を見ても、メディカル・チームがピッチ上で行っていた手続きによって脳震盪を患っていないことの確認を行っています。

しかし、ヤン・フェルトンゲンはプレー続行の直後に症状を悪化させ、メディカル・スタッフにそれを伝えた後に突如安定して立っていることが厳しい状態になりました。

本日の検査では異常は見つからず。これから数日間も検査を継続して行います。さらに、特定の負傷に関するクラブのポリシーに則って、独立した専門医の助言を得るべく、明日にエリート・アスリートを専門とする神経外科医の診断を受ける予定です。本日の時点で、選手に病状は出ていません。