/レアル・マドリーがクリスチャン・エリクセンの加入で口頭合意に至る [AS]

レアル・マドリーがクリスチャン・エリクセンの加入で口頭合意に至る [AS]

ラ・リーガの強豪クラブとデンマークの司令塔が口頭合意に達したことにより、これからレアル・マドリーは所属クラブであるトッテナムが交渉を始める必要がある。

 

レアル・マドリーがスパーズのクリスチャン・エリクセンへの強い関心を抱いていたのは今に始まったことでは無いが、今回、選手本人との口頭合意に至ったことによりレアルは移籍成立に大きく前進。デンマーク人選手は来シーズンからサンチャゴ・ベルナベウに行くことを見据えている。この移籍でレアル・マドリーは選手側に現在の400万ユーロの年俸からの大幅に増額した給与を提示する見込みだ。

マドリーの次のステップは、トッテナム側と顔を付け合わせ交渉を始めることになるが、過去の経験からそれは複雑なものになることをマドリーは分かっているだろう。2012年のルカ・モドリッチの移籍交渉では、3500万ユーロの移籍金による移籍を成立するまでに8月27日まで交渉を伸ばされることになった。同じく、2013年にはギャレス・ベイルの商談においても最後の最後までもつれにもつれた挙げ句、8月31日の移籍成立となっている。最後に両クラブが交渉によって接点を持ったのは2018年6月のジダンの退任におけるプロセスだった。フローレンティーノ・ペレス会長はマウリシオ・ポチェッティーノを次期監督に招聘しようと動いたもののスパーズのダニエル・レビィ会長によってこれを阻まれた経緯がある。

Precarga foto ampliada

マドリーは2018年の終わりにエリクセンへの最初のアプローチを開始したが、その際には獲得には2億5000万ユーロが必要だとの返答を告げられている。それから時間が経過し、エリクセン陣営は2020年に満了を迎えるスパーズとの現契約を更新する意思は見せていないため、英国の報道ではスパーズが1億5000万ユーロの移籍金でも受け入れると伝えており、マドリーは27歳のミッドフィルダーの獲得にはそれ以下の金額でも可能だと見込んでいるようだ。

デンマークの司令塔は今シーズンも素晴らしいシーズンをおくっているが、昨夏にハリー・ケインが2024年までの契約延長によって昇給を果たしたことによって、ドレッシングルームでの摩擦が生じることをトッテナムが避けようと動けば、レアル・マドリーにとってアドバンテージになるだろう。

トッテナム・ホットスパー・スタジアムへの巨額の投資によって、過去2度の移籍マーケットでは補強ゼロに終わったスパーズ。ロンドンのクラブにとって、レアル・マドリーからのデンマークの司令塔への真剣な獲得への動きは、歓迎すべきものになるはずだ。