/ブルーノ・フェルナンデスはスパーズへの移籍を希望 [Daily Mail]

ブルーノ・フェルナンデスはスパーズへの移籍を希望 [Daily Mail]

ブルーノ・フェルナンデスはトッテナムに加わることを現所属クラブであるスポルティング・リスボンに認めてほしいと思っている。

ポルトガル代表ミッドフィールダーは、金曜日にスポルティング・リスボンのフェデリコ・ヴァランダス会長と会談し、この夏にクラブから移籍することを希望していることを会長に伝え、スパーズへの移籍を円滑に進めてくれるように懇願した。

スポルティングの要求額は6400万ポンドと高額で、プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドを含むいくつかのクラブは、その価値を3500万ポンド程度と見積もっているため、オファーを出すことを思いとどまらせている。

トッテナムはすでに獲得オファーの条件を提示したが、スポルティングの希望価格にはまだほど遠いようだ。

フェルナンデスは昨シーズン、ミッドフィルダーでありながら31ゴールを決めており、マウリシオ・ポチェッティーノは主砲のハリー・ケーンのお膳立て役として、デリ・アリやソン・フンミンの負担を軽くできると考えている。

Tottenham sent a delegation to Lisbon earlier this week as they look to sign Fernandes

トッテナムは今週初め、リスボンにクラブ関係者を送り、日曜日のポルトガル・スーパーカップでのベンフィカ対スポルティングに向けて調整を続けるフェルナンデスの獲得のための交渉を続けている。

パリ・サンジェルマン、マルセイユ、レアル・マドリードもフェルナンデスにそれぞれ関心を示しているが、本人の意思はトッテナムへの移籍に傾いている。

フェルナンデスは金曜のスポルティングのトレーニングを早々に切り上げているが、その件についてポルトガルのテレビ局「CMTV」は、「移籍交渉のため」だと伝えていた。