/トッテナムの選手査定:この夏の移籍マーケットでに誰が残り、そして誰が出ていくか?

トッテナムの選手査定:この夏の移籍マーケットでに誰が残り、そして誰が出ていくか?

ステーフェン・ベルフワイン

1月にPSVアイントホーフェンから加入したクラブの最も新しい補強選手で、スパーズ攻撃陣の未来である。ベルフワインは既にその可能性の兆しを示しており、それは実に信じがたいほど危険なものとなっている。

判定:残留

ルーカス・モウラ

今シーズンの状態は安定していないにもかかわらず、モウリーニョは彼を高く評価している。レアル・マドリーの監督時代には彼を獲得しようとしたくらいだ。ヘッドコーチのモウリーニョはモウラを信頼し続けると見なされている。

判定:残留

ソン・フンミン

ソンはケインの後方でスパーズの最も重要な選手となった。しっかりとクラブに根差しており長期契約を結んでいる。本人も、韓国の徴兵義務からさらに強靭になって帰還することを願い、怪我に捕らわれることの少ない2020-21シーズンを過ごそうとうずうずしていることだろう。

判定:残留

ハリー・ケイン

彼の周囲を取り巻くあれやこれやの噂にもかかわらず、トッテナムはケインを売却する積りは毛頭ない。ジェイミー・レッドナップから受けたインタビューの中で、ケインが自身のトロフィーに対する熱望を改めて表明したことから持ち上がったその噂も、キッパリと否定している。契約はまだ4年残っており、その価値は何億ポンドにも上る。即ち単純に、この時期欧州にはその金額を払えるクラブはないと言うことだ。

判定:残留