/トッテナムの選手査定:この夏の移籍マーケットでに誰が残り、そして誰が出ていくか?

トッテナムの選手査定:この夏の移籍マーケットでに誰が残り、そして誰が出ていくか?

ジェドソン・フェルナンデス

ベンフィカからローン加入したポルトガル人選手はあと1年のローン期間を残しており、良き将来性を見せ新たに認められた若きホープの一人でもある。彼の成長は同朋たるモウリーニョに委ねられており、クラブは完全移籍で獲得するに足る程の活躍を、彼に期待していることだろう。

判定:残留

オリバー・スキップ

フットボールが中断する直前にプレー機会を得たが、それは主にやむを得ない事情があったからだ。試合日程が詰まっており他の選手たちは、怪我や不調に陥っていた。全員がフィットしていれば彼の成功の見込みは難しいものとなる。契約は1年を残すのみだ。だがスパーズは、できる限りアカデミー出身のイングランド人選手をキープしたいと考えている。

判定:放出(おそらくはローンで)

ジオバニ・ロチェルソ

トッテナムのシーズンの混とんの中にあって、ロチェルソにもまた怪我の問題があったにもかかわらず、安定して素晴らしいプレーをし続け、今シーズンここまで現れた数少ないプラス要素の一つである。このアルゼンチン選手はクリスチャン・エリクセンの格好の後継者であり、将来はモウリーニョのもとでチームの中核となり得る選手だ。

判定:残留

デレ・アリ

今シーズンも負傷に悩まされているが、モウリーニョの指導下でベストの状態への復調の兆しを見せた。モウリーニョは明らかに彼を大きく評価している。アリはまた、トッテナムとの契約を4年残している。

判定:残留

エリク・ラメラ

2017年に2度の腰の手術を受けて以来、元の状態に戻ったとは決して言えない。同じポシションの他の選手たちが台頭すれば、モウリーニョのシステムのどこに彼がフィットするのかを想像するのは難しいように見える。現在28歳で契約の残りは2年間。クラブにとって良い取引を行う対象の選手の一人であろう。7年間このクラブでプレーした彼にとっては変化を起こす時期かもしれない。

判定:放出