/トッテナムの選手査定:この夏の移籍マーケットでに誰が残り、そして誰が出ていくか?

トッテナムの選手査定:この夏の移籍マーケットでに誰が残り、そして誰が出ていくか?

ライアン・セセニョン

若き左ウィングバックにトッテナムは長期の投資をしたが、彼はまだプレミアリーグで独り立ちすべく努力している途中で、フットボールが中断される前はモウリーニョのもと数試合でプレーしたのみである。プレミアリーグの下位のクラブにローン移籍することはセセニョンの利益になるだろうか? おそらくは。だが、それはスパーズが常套で用いる手段ではない。

判定:残留

エリック・ダイアー

チームでもモウリーニョの好む選手の一人。数年前にモウリーニョはオールド・トラフォードへ引き抜こうとした。ダイアーは中盤では苦しんでいるが、モウリーニョは彼の長期的な未来はセンターバックにあるとしている。クラブは、ピエール・エミール・ホイヴィアやジョフレイ・コンドグビアなどを含め、積極的に他に守備的ミッドフィルダーを探しており、それが現実になると示唆している。しかし、スパーズにはダイアーと新契約を結ばなければならない。来年には契約切れになるからだ。

判定:残留

ムサ・シソコ

長期に及ぶ彼の負傷離脱は、おそらくモウリーニョにとってデイビスに続いて2番目に大きな打撃であった。モウリーニョがチームとともに築いた好調にも影響した。シソコは素晴らしいポジョショナル・ミッドフィルダーとなり、契約は3年残っている。復帰の暁には、そのプレーを継続しない理由は何もない。

判定:残留

タンギ・エンドンベレ

リヨンから5400万ポンドのクラブ記録で加入した彼は、酷く混乱した一年目のシーズンを過ごしている。素晴らしいスタートを切った後、体調の問題が急に表面化し、それ以来は注視の的となった。低調なプレーが続いたことで、自身の監督と批評家たち双方からの非難を浴びている。しかしモウリーニョは、彼の明らかな才能を開花させるべく固い決意をしている。これほど高額な投資を行った選手をたった1シーズンで見限ることは、どんなクラブでもまず無いだろう。

判定:残留

ハリー・ウィンクス

モウリーニョ就任当初はこのポルトガル人指揮官のプランで、ウィンクスがどこにフィットするのか想像するのが難しかった。ヘッドコーチはダイアーやシソコ、エンドンベレを好むように見えたが、彼らの負傷や不調でウィンクスは多くのプレー機会を得、多いに印象付けた。また契約もあと4年も残っている。

判定:残留