/トッテナムの選手査定:この夏の移籍マーケットでに誰が残り、そして誰が出ていくか?

トッテナムの選手査定:この夏の移籍マーケットでに誰が残り、そして誰が出ていくか?

ミシェル・フォルム

ロリスの負傷離脱によってできたスカッドの穴を埋めるため、フォルムは引退から引き戻され、マウリシオ・ポチェッティーノ解任の少し前に今シーズンの終わりまでの契約を結んだ。オランダ人ゴールキーパーはクラブの偉大な奉仕者で、引退生活に戻ると見込まれている。

判定:放出

セルジュ・オーリエ

昨夏トッテナムはオーリエ売却の準備ができていたが、本人はモウリーニョのもとで、実質的には偽ライトウィンガーとしての寿命を延ばした。現在、彼はクラブで唯一のライトバックで、スパーズは移籍マーケットでは彼を補完するより本格的なサイドバックの選手を探すと見込まれている。より大型で力強い選手をだ。

判定:残留

カイル・ウォーカー・ピータース

サウサンプトンへの6ヵ月のローンから帰還の予定だが、スパーズでの将来はローン移籍前と何ら変わらず不透明である。(サウサンプトンの)ラルフ・ハーゼンヒュットル監督にあまり使用されておらず、従って他クラブへのアピールとなるような見せ場も多くはなかった。だが、モウリーニョからも好かれているようにも見えない。モウリーニョはライトバックに違ったタイプの選手を入れたいと思っているようだ。

判定:放出

フアン・フォイス

ポチェッティーノはフォイスを大変に好んでおり将来トップのセンターバックになると見込んでいたと言われているが、モウリーニョが同じように感じているかは、これからを見てみなければ分からない。1月には他クラブへの移籍をオファーされたとの未確認情報もある。エリック・ダイアーがセンターバックに完全復帰したならば、フォイスにとってそこに割り込むのは難しくなりそうだ。

判定:放出(おそらくはローンで)

トビー・アルデルヴァイレルト

ほんと数ヶ月前にクラブには残らないだろうと思われた選手の一人だ。だが、ホットスパーウェイで新たなヘッドコーチのもと、新たな未来を得た。2023年までの新契約にサインしたまだ31歳のアルデルヴァイレルトには、この先さらに第一級の活躍をする何年かが待っているだろう。

判定:残留