/ソン・フンミン:アジア競技大会で不在の借りをスパーズへの貢献で返すよ

ソン・フンミン:アジア競技大会で不在の借りをスパーズへの貢献で返すよ

ソン・フンミンは、トッテナムから離脱していた分を取り返し、ルーカス・モウラとのポジション争いで先発の座を争うことを満喫する用意は整っている。

 

ワトフォード戦での2-1での敗戦を含むスパーズの3試合から離脱したソンは、アジア競技大会で韓国代表として金メダルを獲得、兵役免除を勝ち取っている。

土曜に2-1で敗戦を喫したリバプール戦で交代出場、クラブでのフットボールに戻ってきたソンはこう語っている。

「(離脱したことは)本当に本当に申し訳ないと思っているよ。ここは僕のチームだ。3年間、全身全霊でプレーしてきたが、今シーズンの4週間をクラブから離れてしまった。特にワトフォード戦の結果を見たときには、自分がプレーしたかのように辛かった」

「今やっと戻ってきた。ポジティブなエネルギーを作り出してチームに少しでも貢献しなければいけないね。僕らのスカッドは強力だ。試合に出ることもあれば、ベンチで控えていることもある。でも、チャンスが巡ってくるときに向けてチームのために準備を整えておかなければならない」

ソンの不在中、同じフォワードのルーカスはフラム戦、マンチェスター・ユナイテッド戦の2試合で3ゴールを決め、8月のプレーヤー・オブ・ザ・マンス(月間最優秀選手賞)を獲得。

「とてもハッピーだよ。ルーカスのオールド・トラフォードでのプレーぶりはそれに相応しいね。彼のプレーを観たけど、多くの得点をあげてとても危険な存在だった」

「もちろん、競い合うことは選手たちを向上させてくれる。僕はもっと何かをやり遂げたいし自分のポジションでプレーしたいと貪欲だよ」