/トッテナムのタイトル奪取はハリー・ケインの8月の呪い打破がカギ

トッテナムのタイトル奪取はハリー・ケインの8月の呪い打破がカギ

ポチェッティーノの選手たちは、12月になるまでは成績が安定せず。12月以降は1試合あたり2ポイント以上を獲得するようになる。12月は、ケインが最もゴールを量産してきた(17ゴール)月である。

さらにシーズン最終盤の5月にも低調に陥る(1.6ポイント)。あの2015-16シーズン、8月と5月に12ポイントも取りこぼして無ければ、レスターではなくスパーズが優勝していたことになる。

 

Tottenham were just seven points adrift of Chelsea in 2016/17

その翌シーズンもチェルシーの前に道化と化したスパーズ。やはり、その2つの月に8ポイントを取りこぼしていた。

しかし、スパーズは優勝するための絶好のチャンスを失ってしまったかもしれない。昨シーズンはマンチェスター・シティとの間で23ポイント差が開いてしまった。これは2014−15シーズンの王者チェルシーとの差と同じであった。

 

それでも、スロースタートによって2度のタイトルを失ってしまったポチェッティーノは、今回こそはまずセント・ジェイムス・パークでチームの奮起を期待している。そして、ケインが8月の呪いを打ち破ることを。

 

TAGS: