/タイムス紙:トッテナムの新スタジアムの使用開始は3月まで遅延か

タイムス紙:トッテナムの新スタジアムの使用開始は3月まで遅延か

建設現場に引き続き問題が残っているため、トッテナム・ホットスパーの新スタジアムの使用開始はおそらく3月までは待たされることになるだろう。

 

この建設プロジェクトで働いている建設業者は、2つのスタジアム使用開始の目標スケジュールを設定しており、一つは1月13日のプレミアリーグ、マンチェスター・ユナイテッド戦。そしてもう一つは3月2日のプレミアリーグ、ノースロンドン・ダービーのアーセナル戦である。建設業者は、後者の日程をより現実的なものと信じている。

スパーズはすでに次の6試合のホームゲームはウェンブリーで開催することを発表しているが、その6試合には12月29日のウォルバーハンプトン・ワンダラーズ戦までが含まれる。しかし、その先の予定については未公表となっている。来月の初めには、新たな発表が予想される。

クラブはすでにFA(イングランド・フットボール協会)との間で、ウェンブリーの今シーズンいっぱいの使用と使用料の支払いについて合意しており、新スタジアムの使用開始が遅延した場合の代替地は確保済みであるが、これによって新スタジアムの使用開始が早期に訪れることは無いことを示唆している。トッテナムの内部には、建設業者が意図的にプロジェクトの進行を遅らせていることを懸念する向きもあり、なかでもダニエル・レビィ会長は多くの関係業者に対して批判的な姿勢をとっていることで知られている。

 

■建設中の新スタジアム