/フェルトンゲン:シティとリバプールは昨シーズンと同じようにはいかないだろう

フェルトンゲン:シティとリバプールは昨シーズンと同じようにはいかないだろう

 

エリクセンはここを愛しているが、彼の気持ちを代弁することはできない

 
クリスチャン・エリクセンとトビー・アルデルヴァイレルトが移籍する可能性があるにもかかわらず、フェルトンゲンは自身がノースロンドンでハッピーだと主張する。

「ここは望んでいるものがすべて揃っている。僕にとって、現時点でプレーするには間違いなく最適なクラブだ」

「ここにいるのが大好きだし、僕の家族もここが大好きなんだ。素晴らしいファンと素晴らしい監督がいる。彼は僕を助けてくれるし、この5年でより良い選手に成長させてくれた」

「クリスチャンはここを愛しているが、僕は彼の気持ちを代弁することはできない。僕たちは素晴らしいクラブにいるし、僕から見たら、みんなここで幸せだと思うよ」

トッテナムから去った1人の選手は、水曜日に2170万ポンドの移籍金でアトレティコ・マドリーに移籍した、イングランド代表右SBのキーラン・トリッピアだ。

「彼が大好きだよ。彼は素晴らしい男だし、チームのみんなが彼のことを好きだった。彼は試合に出ることが好きだったし、明らかに素晴らしい選手だ。友人が移籍する時はいつも残念だけど、彼が幸せならみんな幸せだよ。彼を祝福するよ」

「彼がタパスを好きかは知らないが、彼は適応するだろう。彼は素晴らしい男だし、すぐに愛されると確信しているよ」

(次ページ:これから行われるプレシーズン・マッチについて)