/外国人選手の登録ルールの問題とジョゼ・モウリーニョが認めたアカデミーの世代間ギャップ

外国人選手の登録ルールの問題とジョゼ・モウリーニョが認めたアカデミーの世代間ギャップ

今シーズン、スカーレットはU-18スパーズとU-23スパーズで14試合に出場して20ゴールを挙げたストライカーで、11月のヨーロッパリーグのルドゴレツ戦でデビューした時点ではスパーズの試合に出場したクラブ史上最年少の選手となり、あと一歩でゴールを記録するところまで迫るプレーを見せた。

昨夏、ウィガンからスパーズにやってきたミッドフィルダーのデヴァインは、今月のFAカップ3回戦マリーン戦に出場し、先のスカーレットの記録を更新し、さらに後半にゴールを決めてクラブ最年少ゴール記録も塗り替えた。

スカーレットとデヴァインは、それぞれ3月と8月まで17歳にはならないが、アカデミーのコーチやスタッフの間に大きな将来への期待が膨らんでいるものの、モウリーニョが「もう少し待たなければならない」と言ったのは正しい。

スパーズの指揮官は、来年の夏になればローン先から戻ってくるホームグロウンの選手をチーム戦力に加えることができるだろう。その1人であるスキップについて、モウリーニョは、チャンピオンシップの首位に立つノリッジで素晴らしいシーズンを過ごしてる彼を、「今月にも呼び戻したいほどだ」と賞賛を与えた。

また、ホッフェンハイムでブンデスリーガでの期待通りのプレー時間を得ているセセニョンもいる。才能あるパロットは、ローン先のミルウォールで多くの戦い方を学んで成長を続けており、ホワイト(ポーツマス)とクラーク(ストーク)もローン先でファーストチームでの出場経験を積んで戻ってくるだろう。

この外国人選手の問題は、スパーズがあまりにも長い間抱えてきた問題であり、次の夏には放出を含めた移籍マーケットでの動きによって適切に対処する必要がある。