/外国人選手の登録ルールの問題とジョゼ・モウリーニョが認めたアカデミーの世代間ギャップ

外国人選手の登録ルールの問題とジョゼ・モウリーニョが認めたアカデミーの世代間ギャップ

「そうなると基本的にはアカデミーでの育成を助けなければならないが、同時に彼らの仕事に依存し、その世代の選手たちに依存し、選手個々の才能に依存することになる」

「そして、正直言っていいのかどうかわからないが、アカデミーで才能があると感じている選手は(アカデミーのなかでの)年長者ではない」

「才能ある選手たちは非常に若いんだ。16歳の若手のことを言っており、18歳や19歳の若手ではないということだ。最も才能を持っている若手は、とても、とても若い選手だと思っている」

「アカデミーと協力して彼らの成長を支援しなければならないが、それにしてももう少し待たなければならない」

スパーズはここ数シーズン、U-23スパーズの育成チームのメンバーをより若い世代の選手で構成しており、年配の選手(22〜23歳)の多くはフットボールリーグ全体に貸し出されている。

モウリーニョが才能ある16歳の選手と言ったのは、明らかにデーン・スカーレットとアルフィー・デヴァインのことを指しているが、彼らはその年齢にもかかわらず、今シーズンはU-23スパーズを主戦場としている。

この2人のティーンネイジャーは、今シーズン、共にポルトガル人指揮官のもとでファーストチームでのデビューを飾っている。プレシーズンでモウリーニョからの評価を得、スカーレットはヨーロッパリーグで、デヴァインはFAカップに出場した。