/外国人選手の登録ルールの問題とジョゼ・モウリーニョが認めたアカデミーの世代間ギャップ

外国人選手の登録ルールの問題とジョゼ・モウリーニョが認めたアカデミーの世代間ギャップ

この状況は、トッテナムがこの冬の移籍マーケットで新たな外国人選手を獲得する上での大きな障害となっている。

モウリーニョは、この外国人枠の問題に対処することはおろか、冬の移籍マーケットにどのような影響を与えるかを考えることすらもかなり困難だと語っている。

「移籍マーケットへの影響など考えてもいないが、ガッザニーガを放出するのは簡単ではなく、選択肢がなかったのが現実だ」

「ジョー・ロドンの成長にとってヨーロッパリーグでプレーすることは素晴らしいことだろう。我々はすでにヨーロッパリーグで9試合を戦っているし、もしジョーがこの9試合に出場できていたのならば、間違いなくそのうちの3、4、5、6試合に出場していただろうし、もちろん彼の成長と適応の助けになっていただろう」

「だから、簡単な状況ではないんだ。では、どのようにしてイングランド人選手を増やすことができるのか?」

「他のクラブから来たイングランド人選手たちをこのクラブに引き留めたいと思っている。通常、彼ら全員が同じような問題を抱えているし、これから似たような問題を抱える可能性がある」

「だから簡単な状況ではないし、たった1シーズンで解決できる状況ではない。それは不可能なことだ」

モウリーニョはまた、イングランド人選手を輩出するクラブのアカデミーについても言及したが、アカデミーのなかでも年長の選手たちが谷間の世代だとそのクオリティに悲観していた。ただし、オリヴァー・スキップ、ライアン・セセニョン、ハーヴェイ・ホワイト、ジャック・クラーク、トロイ・パロットなど、同世代(18〜20歳)のローンで他クラブに出ている選手のことをモウリーニョが指しているとは思われないが。