/ゴールド記者とゲスト記者のファンとのQ&A:クリスティアン・ロメロの決断、トビー・アルデルヴァイレルトの移籍金、冨安健洋の最新情報

ゴールド記者とゲスト記者のファンとのQ&A:クリスティアン・ロメロの決断、トビー・アルデルヴァイレルトの移籍金、冨安健洋の最新情報

オリヴァー・スキップを今シーズンもローンで出すことを真面目に考えているのだろうか?プレシーズンで良いパフォーマンスを披露していることを考えると、チャンスがあってもいいのでは?

アラスデア:個人的には奇妙な決断だと思うし、スパーズがこれからセントラル・ミッドフィルダーを何人か獲得する場合にしかありえないだろう。トッテナムにはスキップに真の才能を見出しており、しかもホームグロウンで、今すぐにでもプレーできる状態だ。

もちろん、レギュラーを獲得できないと判断された場合は、ローンを組んで再びプレーする機会を与える必要があるが、当初の計画では、彼をクラブに留めておくことを強く望んでいた。選手によっては、シーズンの前半戦で状況を確かめてから、ヨーロッパ戦やカップ戦での多くの試合が終わった後の1月にローン移籍をすることもあるだろう。

ロメロの移籍交渉を完了するために、スパーズとアタランタの間でミーティングが行われるようですが、いつ決まりそうですか?

アラスデア:実際に顔を合わせてのミーティングすることはないと思っている。特に、海外への渡航制限に関するルールが刻々と変化している現在、そのような必要性はない。どんな話し合いも、電話やZoomなどで行われていると予想される。

ヴラホヴィッチへの関心は真実で、我々クラブが彼の獲得を実現できると思いますか?

アラスデア:そう思うよ。私の考えでは、放出で得た資金を移籍マーケットの後半でより詳細に検討する可能性があるだろう。もしロメロを獲得できたとしても、それなりのコストがかかるだろうから、それを相殺する(放出で補填する)必要がある。