/トッテナムがハリー・ウィンクスの退団を容認。アトレティコ・マドリードが移籍先の有力候補に [Mirror]

トッテナムがハリー・ウィンクスの退団を容認。アトレティコ・マドリードが移籍先の有力候補に [Mirror]

ウィンクスの母方の祖父母はスペイン人で、ウィンクスがイングランド代表を選ぶ前に、スペインのフットボール協会はウィンクスの成長を見守り、自国の代表チームを選択する道筋を与えていた。

この25歳のミッドフィルダーは、トッテナムのアカデミーを経て、マウリシオ・ポチェッティーノのもとでトップチームに台頭した。

しかし、昨夏、サウサンプトンからピエール・エミール・ホイヴィアがスパーズに加入してきたことで、クラブでの将来に暗雲が立ち込めた。

スパーズは半年前にウィンクスの退団を認めなかったが、今シーズン、ノリッジにローン移籍して素晴らしい活躍をしているオリヴァー・スキップが夏に戻ってくることもあり、その退団を認めることになった。クラブ内は、スキップが長期的な後継者になると信じており、ウィンクスはもはやモウリーニョのチーム構想から外れてしまったと考えられる。