/トッテナムがハリー・ウィンクスの退団を容認。アトレティコ・マドリードが移籍先の有力候補に [Mirror]

トッテナムがハリー・ウィンクスの退団を容認。アトレティコ・マドリードが移籍先の有力候補に [Mirror]

ディエゴ・シメオネがハリー・ウィンクスの獲得を熱望するも、エバートンやラ・リーガのライバルであるバレンシア、セビージャとの争奪戦に直面しそうだ。

今夏、ハリー・ウィンクスはアトレティコ・マドリードの補強ターゲットとして浮上しており、トッテナムはついにこのミッドフィルダーへのオファーに前向きに耳を傾けることになる。

今シーズンの開幕前に、エバートンとバレンシアはウィンクスの獲得を熱望していた。

1月にもバレンシアが再びウィンクスをローンで獲得しようと動いたが、スパーズは夏に続けて2度ともウィンクスの退団を拒み、ジョゼ・モウリーニョはウィンクスが今シーズン中はどこにも行かないと断言した。

しかし、この後に移籍マーケットが開き、そこで適切なオファーがあれば、ポルトガル人指揮官のもとで出場機会を得られずに苦しむアカデミー出身のウィンクスをスパーズは手放す意思があるようだ。

スパーズがウィンクスに要求する移籍金は1500万ポンドから2000万ポンドで、スペインのアトレティコ、バレンシア、セビージャが獲得を希望しており、プレミアリーグではエバートンも興味を持っているという。

アトレティコは、ウィンクスを獲得するために選手を放出して資金を用意する必要があるが、もしその必要なビジネスを行うことができれば、ディエゴ・シメオネが率いる現在ラ・リーガで首位のチームは、ウィンクスにとって有力な選択肢となるだろう。