/ハリー・レドナップ:ウォーカーとデンベレのいた2年前のスパーズの方が良かった

ハリー・レドナップ:ウォーカーとデンベレのいた2年前のスパーズの方が良かった

元トッテナムの監督であるハリー・レッドナップは、マウリシオ・ポチェッティーノのチームは今よりも2年前の方が良かったと意見している。

 

土曜のノースロンドン・ダービーでアーセナルと1-1で引き分けたスパーズは、プレミアリーグでのタイトルレースから更に下方へと滑り落ちた。終了間際のウーゴ・ロリスのペナルティ阻止とヤン・フェルトンゲンの瀬戸際でのチャレンジが無ければ、その結果はもっと悪いものとなったかも知れない。

この3試合で最大9ポイントを獲得するチャンスがあったが、実際に獲得できたのはたったの1ポイントだ。デレ・アリの負傷欠場、カイル・ウォーカーとムサ・デンベレのの移籍に苦しんでおり、クリスチャン・エリクセンとハリー・ケインに頼りすぎているとレドナップは確信している。

BBC5ライブ局の番組『スポートウィーク』内で、意見を述べるレドナップ。

「カイル・ウォーカーがライトバックで燃えたぎり、ダニー・ローズが最高潮で飛びまくって、デンベレがトップクラスだった2年前の方が、正直言ってトッテナムは良かったと思うね」

「当時の彼らはまったく持って素晴らしかった。ローズは負傷して、今は全く同じとは言えない。ウォーカーはご承知の通り移籍し、デンベレも去って行った」

「だが、夏には絶対また再編成されるよ。1人か2人、今のチームをひと捻りすれば来シーズンにはまた強くなるさ」