/コンテとエメルソンが激怒した理由、新たな選択肢が復帰…トッテナム対リーズで目に着いた5つの出来事

コンテとエメルソンが激怒した理由、新たな選択肢が復帰…トッテナム対リーズで目に着いた5つの出来事

多くの人が予想していたように、ロチェルソは招集メンバーに加わることはなく、この試合を傍観することになった。

オリヴァー・スキップが欠場し、ハリー・ウィンクスがタンギ・エンドンベレとのポジション争いに勝って先発した日に、このアルゼンチン人はまたしてもチャンスを逃してしまった。

Giovani Lo Celso will be hopeful of a starting spot against Manchester United on Saturday evening

創造性の問題

トッテナムは、2年前にクリスチャン・エリクセンが退団して以来、創造性という点で非常に大きな問題を抱えている。

退団前の数ヶ月間のエリクセンは、本調子から程遠い状態で苦しんでいたが、それでもハリー・ケインらアタッカー陣にチャンスを生み出し続けていた。

ここ数ヶ月のスパーズは創造性を欠いており、特にリーズ戦の序盤もそうだったが、終盤になると活気が出てきた。

コンテがエンドンベレの先発起用を見送ったことで、スパーズは中盤から創造性を発揮することができなかった。

いつものように、ケインは深い位置に下がり、前線で何かを起こそうとしていた。

幸いなことに、トッテナムは試合が進むに連れて格段に良くなり、ウェストハム戦のハーフタイムあたりにケインが放ったヘディング・シュート以来、リーグ戦で一度も枠内シュートを打てなかったゴール前での大低迷に終止符を打った。

エメルソンとコンテは怒り心頭

スパーズはまたしてもチャンスに恵まれず、良いポジションで持ったボールをもっと有効に使わなければならなかった。

リーズ戦のハーフタイム前には、セルヒオ・レギロンが絶好のチャンスを逃した。