/コンテとエメルソンが激怒した理由、新たな選択肢が復帰…トッテナム対リーズで目に着いた5つの出来事

コンテとエメルソンが激怒した理由、新たな選択肢が復帰…トッテナム対リーズで目に着いた5つの出来事

トッテナムが2-1で勝利したプレミアリーグのリーズ・ユナイテッド戦で発見した5つの出来事を紹介する。

センターバックのオーバーラップ

アントニオ・コンテとトッテナムにとって、インターナショナル・ブレークは火曜日の夜にアルゼンチンとブラジルが直接対決するまでは、非常に順調だった。

今回のインターナショナル・ブレークでのワールドカップ予選の初戦のウルグアイ戦で先発したクリスティアン・ロメロは、その試合で再び起用されたが、53分にハムストリングを押さえて退場してしまった。

コンテは金曜日の試合前の記者会見で、ロメロがリーズ戦を欠場することを発表し、マルセロ・ビエルサ率いるチームと対戦する際のロメロの代役が注目された。

結局、ジョー・ロドンとダビンソン・サンチェスを差し置いてジャフェト・タンガンガが起用され、エリック・ダイアーとベン・デイヴィスの3バックになった。

今シーズンは右サイドバックでスタートし、開幕から数試合で前に出ることができることを示したタンガンガは、ディフェンダーとしてオーバーラップができる資質を持っているが、スパーズの監督が最初の2試合でそのタンガンガではなく、よりオーバーラップを得意とするウイングバックを選択したことは理に適っていた。

タンガンガはこれまでのコンテのもとでの試合でロメロが見せたほど前に出ることはなかったが、デイヴィスはゴールに迫る活躍を見せ、ダイアーが彼の見事な走り出しに合わせてロングボールを供給した。

元ユベントスの指揮官のもとでは、センターバックのオーバーラップがスパーズの大きな特徴になるだろう。

ロチェルソへの懸念

ロメロがリーズ戦に出場できないことが決まっただけでなく、コンテはジオバニ・ロチェルソがワールドカップ予選で2試合とも先発出場したにもかかわらず、負傷を抱えて戻ってきたことを明らかにした。

コンテは、ロチェルソが「身体的に完璧な状態で戻ってこなかった」と述べ、その結果、彼のリーズ戦での出場が危ぶまれていた。