/ヌーノ・エスピリト・サントのチーム・スタッツが示した改善すべき重要なエリア

ヌーノ・エスピリト・サントのチーム・スタッツが示した改善すべき重要なエリア

トッテナムが今シーズンのプレミアリーグで順位を上げるためには何をしたらよいのか。守備と中盤の両方のエリアのスタッツを見ることで、やるべきことがたくさんあることがわかった。

今シーズンのプレミアリーグで、トッテナムはシュート数で17位、クリア数で2位となっており、ピッチ全体でやるべきことがたくさんあることが浮き彫りになっている。

ヌーノ・エスピリト・サントは、マンチェスター・シティ、ウルブズ、ワトフォードを相手に1-0の3連勝を収め、スパーズの指揮官として夢のようなスタートを切った。

しかし、その後のロンドン・ダービーでは、クリスタルパレス、チェルシー、アーセナルとの対戦で、それぞれ3失点を喫して敗れてしまった。

直近の試合では、アストンヴィラに2-1で勝利して復調し、今シーズン2回目のインターナショナル・ブレークを迎えた現在、スパーズは8位につけている。

最初のインターナショナル・ブレークでは、ジオバニ・ロチェルソ、クリスティアン・ロメロ、ダビンソン・サンチェスの南米トリオが英国への帰国前に隔離され、同時期に多くの負傷者が出ていたため、ポルトガル人ヘッドコーチは多くの欠場者を抱えることになってしまった。

今回の2週間のブレークの後、エスピリト・サント率いるチームはセント・ジェームズ・パークに乗り込み、ニューカッスルと対戦する。木曜日にクラブの買収が成立した後の初戦で、マグパイズはリリーホワイツとの戦いに臨むことになった。

リーグ首位で1回目のインターナショナル・ブレークを迎えたにもかかわらず、その時点でノースロンドンのクラブは3ゴールしか挙げておらず、その後のロンドン・ダービーでの連敗によって守備にも亀裂が入り始めていた。