/ホイビュルク、キム、ブルックスとケインの控えを狙うスパーズ [Evening Standard]

ホイビュルク、キム、ブルックスとケインの控えを狙うスパーズ [Evening Standard]

ヨーロッパリーグの出場権を得たジョゼ・モウリーニョは、補強予算を押し上げることになるだろう。

ただし、アーセナルがFAカップで優勝した場合、トッテナムはグループステージに駒を進める前に、予備予選を2試合と9月17日のプレーオフを戦い抜く必要があるため、プレミアリーグが開幕する9月12日の後に大きな補強の商談を残しておくことができる。

総工費12億ポンドのスタジアムの借金を返済しているスパーズは、パンデミックがクラブの収入に2億ポンドの打撃を与えると推定している。1億7500万ポンドの政府融資が助けになっているが、それを移籍金に使う予定はないという。

そのため、モウリーニョ曰く「よりバランスのとれた」チーム作りを目指すことになり、フリーの選手の補強やローンでの補強、そしてトレードなどの金銭的な負担を軽減可能なすべて選択肢が実現性を秘めている。

指揮官は「小さな入れ替え」を約束したが、ディフェンダーのダニー・ローズ、カイル・ウォーカー・ピータース、フアン・フォイス、セルジュ・オーリエらを放出する可能性がある選手から得られる資金を補強に使うことは許されそうだ。オリバー・スキップ、トロイ・パロット、ライアン・セセニョンはローンで移籍する可能性もあるが、クラブ記録となる移籍金で補強したタンギ・エンドンベレを手放すことには消極的だ。

スパーズはサウサンプトンのピエール・エミール・ホイビュルクの獲得に自信を持っており、北京国安のキム・ミンジェについても打診を入れている。

Target: Kim-min Jae