/アーロンズ、ホイビュルク、ベイルの夢の補強で先発メンバーはどう変わるか…

アーロンズ、ホイビュルク、ベイルの夢の補強で先発メンバーはどう変わるか…

フォワード

ハリー・ケインのポジションは不動だろうだが、それもチャンピオンズリーグのない1シーズンを過ごすことに満足しているならばだ。そしてケインの動向だけでなく、夢の補強で最高のラインナップを組むためには、現在のチームの最高のメンバーが残っていることを前提にしなければならないだろう。

2019-20シーズンのスパーズの最も重要な選手の一人としてのケインの役割を考えると、ソン・フンミンのポジションも安全なように思える。ルーカス・モウラやエリク・ラメラをはじめとする多くのメンバーが、残りのポジションで「絶対的な地位」を確立できていないため、新たにやってくる男がその座を奪うのは絶好の機会と言えるだろう。

その中でも特にロマンティックなのは、もちろんギャレス・ベイルのスパーズ復帰だ。スペインの首都マドリードで7年間を過ごしたベイルは、そこを去る準備ができているように見えるが、彼の古巣への復帰を拒むスパーズ・ファンはあまり多くないだろう。

その他の補強候補としては、「経験」をとるか、「ポテンシャル」をとるかの選択になる。前者を満たすのはフィリップ ・ コウチーニョになるが、すでにプレミア リーグのレベルで真に影響力を持っていることを過去に証明済みだ。

若くポテンシャルがある選手としては、エベレチ・エゼがいる。QPRに所属するエゼはチャンピオンシップのレベルですでに大スターであり、最近 22 歳になったばかりだ。コウチーニョと同様に、エゼは攻撃的なワイドのポジションでも、または「背番号10」のポジションでもプレーができる。モウリーニョのチーム構想においてデレ・アリをどのように考えているかに大きく依存することになるだろう。しかし、彼がどれほどのポテンシャルの高さを発揮できるかは誰にもわからない。