/アーロンズ、ホイビュルク、ベイルの夢の補強で先発メンバーはどう変わるか…

アーロンズ、ホイビュルク、ベイルの夢の補強で先発メンバーはどう変わるか…

若手といえば、モウリーニョのもとで両サイドバックとしても活躍したジャフェト・タンガンガが先日、トッテナムとの長期契約を結び、ファンを喜ばせている。ライアン・セセニョンがより攻撃的なオプションとして利用することを考えると、ベン・デイヴィスが必要な局面では左サイドのポジションを務めることができる。シーズンが始まったときに、アカデミー出身の信頼ある若手の左サイドバックがここに加わったとしても大きな驚きにはならないだろう。

ミッドフィルダー

モウリーニョの補強がスパーズの中盤に影響を与えるのか、それともスパーズの中盤がこの夏の補強に影響を与えるのか。それがこのポジションにおける大きな「What」と「If」だ。

スパーズの指揮官はピエール・エミール・ホイビュルクのファンだと言われているが、ホイビュルクはサウサンプトンとの契約が1年しか残っていないことを考えると、適正な価格で獲得できるはずだ。

ホイビュルクがエリック・ダイアーに加わり、中盤の深い位置に横に並ぶのか、それともどちらか一方をその位置で起用するのかについてまだ疑問が残るが、前者であれば、スパーズは間違いなくジオバニ・ロチェルソの長所を最大限に引き出すことができるだろう。

唯一の問題は、中盤のワイドなポジションを務める駒が足りないことかもしれないが、サイドバックが中盤をサポートすることで、そのポジションを埋めることになるだろう。