/マウリシオ・ポチェッティーノが6000万ポンド以上の移籍金で狙う補強 [Independent]

マウリシオ・ポチェッティーノが6000万ポンド以上の移籍金で狙う補強 [Independent]

チャンピオンズリーグ・ファイナルに到達したマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、6000万ポンド以上の移籍金での補強を成立させることを狙ってる。クリスチャン・エリクセンがこの夏に移籍することになれば、この補強はさらに重要なものになるかもしれない。

 

トッテナム・ホットスパーは、タンギ・エンドンベレをめぐってリヨンとの交渉を開始した。ライバルクラブたちがこの22歳を追っているなかで、スパーズが契約成立の有力候補となっている。

マンチェスター・ユナイテッドやユベントスも同様にこのミッドフィルダーに興味を持っているが、情報筋によるとそれらクラブもスパーズが優位に立っていることを分かっているようだ。

チャンピオンズリーグ・ファイナルに到達したマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、6000万ポンド以上の移籍金での補強を成立させることを狙ってる。クリスチャン・エリクセンがこの夏に移籍することになれば、この補強はさらに重要なものになるかもしれない。スパーズとの契約が1年残っているデンマーク代表プレーメーカーには、レアル・マドリードとパリ・サンジェルマンが関心を持っている。

高い評価を得るタンギ・エンドンベレをポチェッティーノが口説き落とせると思われるが、しかしそれは容易なことではない。このミッドフィルダーにはスペインの2大クラブの一方に移籍することを理想としているが、そのマドリードとバルセロナに加えマンチェスター・シティは、現在の状況を見守っているにすぎない。

マドリードはおそらく、この3クラブの中で動き出す可能性が最も高いだろうが、しかし、ポール・ポグバやエリクセンよりも安い選択肢としての位置づけだ。

2017年にダビンソン・サンチェスを4000万ポンドで獲得したスパーズのクラブ移籍金記録の少なくとも2000万ポンドを上回ることになるだろう。

ユナイテッドもミッドフィールドを刷新しようとエンドンベレに興味を持っているが、スポルティング・リスボンのブルーノ・フェルナンデスやパリ・サンジェルマンのアドリアン・ラビオがより獲得の実現性が高いと見ているようだ。