/ギャレス・ベイルの代理人:スパーズに移籍の噂を「くだらない」と一蹴 [TalkSport]

ギャレス・ベイルの代理人:スパーズに移籍の噂を「くだらない」と一蹴 [TalkSport]

スペインの報道によると、ノースロンドンのクラブはギャレス・ベイルのベルナベウでの悪夢を終わらせるために再び取り戻すことを熱望しているようだ。

 

ギャレス・ベイルの代理人は、トッテナムが今年の夏にレアル・マドリードのスターを再度獲得しようとしているという報道を一笑に付した。

ベルナベウではジネディーヌ・ジダン監督の指揮のもとでウェールズ人ウインガーがチーム構想から外れてしまった。そのため、スペインの白い巨人は週給60万ポンドのスターを放出しようと必死だとみられている。

スパーズは2013年、当時の世界記録だった8,920万ポンドでレアル・マドリードにベイルを放出。それからベイルを擁したロス・ブランコスはチャンピオンズリーグを4度も制覇した。

マルカ紙によると、トッテナムは今、スパーズが4500万ポンドから5400万ポンドの移籍金で獲得に動く用意がある、かつてのスター選手の驚くべき復帰策を検討しているようだ。

しかし、ベイルの代理人であるジョナサン・バーネットは、この話をでっち上げの事実無根だと一蹴し、TalkSportで次のようにコメントしている。

「そんなゴミ(のような報道)についてはコメントしないよ」

 

30歳のベイルの高額給与は、この移籍において大きな障害になると理解されている。

マルカ紙は、スパーズがベイルの現在の給料の半分しか払えないが、まだ3年残っているベイルの現在の契約を解除すれば、レアル・マドリードは残りの給与分を支払うと報じている。

バーネット代理人は以前、今年の夏にベイルをレアル・マドリードから移籍させるには 「特別なオファー」 が必要だと主張していた。

Bale is remembered fondly in north London

先月、スカイスポーツ・ニュースでバーネット代理人は次のように語っていた。

「本人はローン移籍はしたくないと思う。彼はスペインで家庭とともに素敵な生活を送っている。彼が移籍するには何か特別なオファーが必要で、ローン移籍は選択肢に入って無いと思うよ」

TAGS:
Tottenham Hotspur