/ジョゼ・モウリーニョとダニエル・レヴィが1月の移籍マーケットで解決すべき課題

ジョゼ・モウリーニョとダニエル・レヴィが1月の移籍マーケットで解決すべき課題

シュクリニアルの再挑戦か?

モウリーニョはスウォンジー・シティからジョー・ロドンを獲得し、夏の移籍マーケットが閉まる前にセンターバックの補強を実現した。

ミラン・シュクリニアルはこのウェールズ人の到着に先立ち、トッテナム・ホットスパー・スタジアムへの移籍を強く示唆されていたが、インテル・ミラノの移籍金の要求額により、結局、その移籍は実現しなかった。

では、スパーズは1月にこの移籍を再検討する可能性はあるのだろうか?

可能性はあるかもしれないが、モウリーニョの考え、スパーズの予算、そしてセリエAの巨人が要求を下げるかどうかにかかっている。

ロドンの補強を実現したリリーホワイツは守備面で充実しており、現在5人のセンターバックを擁するモウリーニョは、さらなる補強を必要ないと判断するかもしれない。

ヨーロッパリーグでロドンを登録

トッテナムが1月にしなければならないことの1つは、ヨーロッパリーグのノックアウトステージに進出を決めた際に、ロドンを登録メンバーに加えることだ。

この若いディフェンダーは、UEFAの選手登録の期限の後にノースロンドンにやってきたため、残念ながら貴重なヨーロッパの舞台でのプレー時間を逃してしまった。

モウリーニョがグループステージの試合で先発メンバーを一新しているように、ウェールズ代表ディフェンダーが登録されれば、そこでのプレー時間が与えられていただろう。

プレミアリーグで出場していないことを考えると、その他の試合でピッチに立つ必要がある。つまり、モウリーニョはその1ヶ月間で登録メンバーを決定し、ロドンが2月以降にヨーロッパリーグでプレーできるようにしなければならない。