/ジョゼ・モウリーニョとダニエル・レヴィが1月の移籍マーケットで解決すべき課題

ジョゼ・モウリーニョとダニエル・レヴィが1月の移籍マーケットで解決すべき課題

デレ・アリの決断を下す

夏の移籍マーケットの終わり頃には、プレミアリーグでスパーズの招集メンバー入りを逃していたデレ・アリの名前が新聞の見出しに踊っていた。

レアル・マドリードやパリ・サンジェルマンへの移籍が噂される中、24歳のデレ・アリはノースロンドンに留まった。

アリの立ち位置はそれ以降改善されておらず、年明けの移籍マーケットで再び彼の名前が出てくることになるだろう。

モウリーニョとレヴィは、デレ・アリをクラブに留めるか、それとも放出するか、はたまたローン移籍か、完全移籍かを決断しなければならない。

一つ確かなのは、移籍マーケットに売りに出された場合、デレ・アリには多くの選択肢が用意されるであろうことだ。

実現しそうな補強は?

1月は移籍マーケットは価格の高騰と獲得可能な選手の不足によって商談に動くには良いタイミングではない。

マウリシオ・ポチェッティーノ時代を通しても、目立った冬の補強選手は2018年1月のルーカス・モウラのみで、1年前のモウリーニョは移籍マーケットでフレッシュな顔ぶれを必要としていたため、そこに飛び込んでいった。

スパーズは夏の間に7人もの新加入選手を加えることができたが、現在の戦力の充実ぶりを考えると1月に新加入選手の補強を視野に入れるかどうかは未知数だ。

スパーズが2021年に向けて衝撃的なタイトル挑戦の可能性を秘めた立場にあるのであれば、モウリーニョは新たな選手を追加したいと考えているのかもしれない。