/ジョゼ・モウリーニョとダニエル・レヴィが1月の移籍マーケットで解決すべき課題

ジョゼ・モウリーニョとダニエル・レヴィが1月の移籍マーケットで解決すべき課題

トッテナムとプレミアリーグのライバルたちが再び新しい選手を補強できるようになるまで、そう長くはない。

コロナウイルスの大流行でシーズンが遅れて開幕したため、移籍マーケットはほんの1ヶ月前に閉まったばかりだが、冬の移籍マーケットはいつものように年の変わり目から開かれることになる。

あまり多くの選手が移籍可能な状況にはなく、移籍するにしても法外な移籍金を要求されるため、伝統的にトッテナムにとって冬の移籍マーケットはあまり多くの商談が動く時期ではない。しかし、1年前にジョゼ・モウリーニョは、ジェドソン・フェルナンデスとステーフェン・ベルフワインをチームに補強した。

さて、次の1月の移籍マーケットでトッテナムは何に優先して動くのだろうか?

ローズとの別れ

モウリーニョとダニエル・レヴィが最初に望むことの一つは、ダニー・ローズの放出だろう。

2020年1月にニューカッスル・ユナイテッドにローンで加入したこの左サイドバックは、残念ながら夏の間に他クラブへの完全移籍を決めることができなかった。

ローズはまだトッテナムの選手であることに変わりはないが、彼はファーストチームから離れてトレーニングをしており、プレミアリーグやヨーロッパリーグの試合には関わっていない。

元リーズのローズは、背番号すら与えられておらず、このクラブでの未来がない以上は、彼のキャリアのためにも前に進む必要があるだろう。

夏に契約が切れるという事実から、スパーズはこの選手に高額な移籍金を得ることはできないだろうが、イングランド代表のキャリアを軌道に乗せるためには、この冬に別れを決めた方がいいだろう。