/ハリー・レドナップ:トッテナムはプリシッチの獲得に動いていたと聞いた

ハリー・レドナップ:トッテナムはプリシッチの獲得に動いていたと聞いた

チェルシーへの移籍が決まったアメリカ代表ウィンガーのクリスチャン・プリシッチについて、トッテナムも獲得を狙っていたものの、ボルシア・ドルトムントの要求額を満たす獲得オファーが提示できなかったようだ。

 

今週、プリシッチのチェルシーへの移籍は5750万ポンドで成立した。

2020年夏に契約が満了となるプリシッチへのチェルシーの獲得オファーは、十分すぎるほどに高額であったためドルトムントに断る理由はなかっただろう。

さらにプリシッチは今シーズンいっぱいはドルトムントにローンで留まり、スタンフォード・ブリッジ行きは来夏となる。

プレミアリーグ史上初となる夏の移籍マーケットで補強ゼロとなり、散々な結果に終わったトッテナム。

元スパーズの指揮官であるハリー・レドナップは、1月も同じ轍を踏む可能性があると次のように語っている。

「そんな気がするね。彼らは補強ができないんじゃないかな」

「彼らはチェルシーに行ったあの選手(プリシッチ)に関心を持っていたと私は聞いたよ。スパーズが狙っていたが、あまりにも高額すぎたね」

「彼らは自分たちのやってることに行き詰まってると思うね」