/ジョゼ・モウリーニョが夢のイレブンを構築する上で問題となる4つのポジション

ジョゼ・モウリーニョが夢のイレブンを構築する上で問題となる4つのポジション

元PSVのウィンガーは、ベイルが万全の状態の維持に苦労していることで恩恵を得ており、モウリーニョはマン・シティ、チェルシー、アーセナル、リバプールなどとの大試合でベルフワインを起用している。

さらにベルフワインがゴールを決められるようになれば、自分のアタッカーとしての役割をより確実に果たすことになるはずだ。

しかし、ベイルが現在抱えている負傷から復帰すれば、さらにはルーカスとラメラもモウリーニョのお気に入りの戦力であるため、このポジション争いも先行きが見えない状況である。

モウリーニョの現時点でのベスト・イレブン

ロリス、オーリエ、アルデルヴァイレルト、ダイアー、レギロン、ホイヴィア、シソコ、ベルフワイン、エンドンベレ、ソン、ケイン(4-2-3-1)