/ブルーノ・フェルナンデスとパウロ・ディバラがダニエル・レヴィに与えた教訓

ブルーノ・フェルナンデスとパウロ・ディバラがダニエル・レヴィに与えた教訓

過ぎ去ったここ数年の移籍マーケットを振り返ってみると、トッテナムは商談を成立させることにおいて、迅速に動いてるとは言えないことが浮き彫りになる。

ジャック・クラークとタンギ・エンドンベレは昨年7月の初めに契約書にサインをしたが、スパーズ・ファンは夏の初めからスパーズへの移籍の可能性が報じられていたライアン・セセニョンやジオバニ・ロチェルソが実際にやってくるまでに移籍マーケットの締め切りの日まで待たなければならなかった。

スパーズは移籍ビジネスの大半を遅めにまとめる傾向があり、2017年には夏に加入した5人全員が移籍マーケットの最後の8日間で加入が発表された。

2020-21シーズンを前に、ジョゼ・モウリーニョのチームが、より良いスタートを切ることを誰もが期待しているだろう。

10月が移籍マーケットの期限となる今回は、トッテナム・ホットスパー・スタジアムにピエール・エミール・ホイヴィアが最初の補強としてやってくることになりそうだ。

スパーズがこの夏にすべきことは明白だ。

12ヶ月前のプレミアリーグ開幕前夜には、ほんの2ヶ月ほど前にチャンピオンズリーグ決勝に進出したスパーズへの期待は信じられないほど高かったが、知っての通りその後のシーズンは大失敗に終わった。

マウリシオ・ポチェッティーノは、4人の新戦力を補強したにもかかわらず、チームはヨーロッパでの確固たる名声を高めることができず、結局、悲惨な戦績を残した挙げ句に、11月半ばに「解任」というかたちでその大低迷したシーズンのスタートの代償を払わされてしまった。