/スパーズの移籍マーケット終了時のプレミアリーグ登録メンバー25人を予想 [football.london]

スパーズの移籍マーケット終了時のプレミアリーグ登録メンバー25人を予想 [football.london]

ミッドフィルダー

現在、トッテナムに灯っている大きなクエッション・マークは、クラブがデレ・アリを放出するかどうかだ。

長らくスパーズの先発メンバーの常連だった24歳のデレ・アリだが、今シーズンはモウリーニョの「お気に入りのメンバー」から外れてしまい、最近はプレミアリーグのベンチ入りを含めた招集メンバー20人に入るのにすら苦労している。

PSGへの移籍が噂されている中で、タンギ・エンドンベレが負傷離脱した場合に備えて、モウリーニョはこの元MKドンズをミッドフィルダーをスパーズに引き留めることを決めたように思われる。

ジオバニ・ロチェルソの負傷の問題も、デレ・アリをめぐる最終的な決断に影響を与える可能性がある。これから数ヶ月間で4つの大会すべてで全力を投入したいモウリーニョは、この中盤のポジションの戦力不足を望まないためだ。

そしてもう一人のクラブに残りそうな選手が、ジェドソンだ。

報道によると、これまでスパーズで14試合にしか出場していないジェドソンの18ヶ月間のローン契約を早期に撤回することにスパーズとベンフィカの双方が合意する可能性があると伝えている。

しかし、最近のプレミアリーグでは3試合のうち2試合で出場機会を得ていることからも、モウリーニョの計画にはまだ残っていることがうかがえる。

そして今月、クラブへのセンセーショナルな加入が噂されているのは、昨年1月にトッテナム・ホットスパー・スタジアムを去った後、イタリアで悪夢のような日々を過ごしているクリスチャン・エリクセンだ。

エリクセンの代理人が他の移籍先の候補となるクラブの中でも特にスパーズと熱心に接触し、プレミアリーグに復帰させる可能性を探って連絡を取っているとfootball.londonは理解している。

しかし、スパーズ復帰の可能性があるとすれば、クラブの外国人選手の多さなど、立ちはだかる多くのハードルをクリアする必要がある。