/グレン・ホドルとジェイミー・キャラガーがウーゴ・ロリスに疑問を呈す

グレン・ホドルとジェイミー・キャラガーがウーゴ・ロリスに疑問を呈す

トッテナム・ホットスパーのゴールキーパーであるウーゴ・ロリスは、ここ9試合でわずか1度のクリーンシートを記録したのみである。

木曜の夜には、UEFAヨーロッパリーグのラウンド32でオーストリアのヴォルフスベルガーと戦ったが、ロリスはほとんど仕事がなかったにもかかわらず1失点を喫し、4-1で試合は終わった。結局、2021年に3度目のクリーンシートを記録することができなかった。

ソン・フンミン、ギャレス・ベイル、ルーカス・モウラのゴールのおかげで、すでに3-0とリードを広げ、勝利への道を歩んでいたスパーズだったが、後半に入ってわずか10分にムサ・シソコがずさんな守備でPKを与えてしまった。

ストライカーのミヒャエル・リエンドルは、このPKのチャンスで冷静にロリスが飛んだ方向の逆を突いて決め、ホームチームが点差を縮めた。

しかし前半にロリスはダリオ・ヴィジンゲルのヘディングを見事に阻んで軌道を変え、クロスバーに叩きつけた。

ロリスのそのスーパー・セーブの1時間ほど前、トッテナムのレジェンドで現在はBTスポーツの解説者を務めるグレン・ホドルは、この守護神の最近のパフォーマンスに疑問を呈した。確かにロリスは最近、特にリバプールとエバートンの試合でミスを犯していた。

ロリスの最近のパフォーマンスによって、ホドルはスパーズが今夏の移籍マーケットで守護神の座を争える、またはその座を譲り受けて長期に渡って担えるキーパーを見つけ出さなけれならないという衝動を抱かせている。

試合前、ホドルはBTスポーツで次のように語った。

「このところ彼はうまくいっていないと言わざるを得ない。(マンチェスター・シティ戦の)あの2つの失点は、我々が分析したところ彼の失敗だ」