/元アーセナルの監督のおかげでスパーズはこの夏に移籍マーケットで失敗をする

元アーセナルの監督のおかげでスパーズはこの夏に移籍マーケットで失敗をする

アルゼンチン代表のフアン・フォイスは、ローン先のスペインで様々なポジションで活躍し、注目を集めている。

トッテナム・ホットスパーは今夏、ラ・リーガで目をみはる活躍を続ける若手ディフェンダーを失うことになるかもしれない。

この23歳のアルゼンチン人は、10月にビジャレアルにシーズン・ローンで移籍したが、そのローン契約ではローン費に加えて約1300万ポンドで完全移籍を結ぶ買取オプションが設定されていた。

フォイスがスペインに渡る前に、スパーズはこのディフェンダーと2023年までの延長契約に合意していた。以前の契約は2022年夏に終了することになっていたため、彼がビジャレアルへの完全移籍をしなかった場合に、この夏にスパーズとの残り契約が1年となるのを避けるための契約延長だった。

スペインでのシーズン序盤は低調だったが、フォイスはヴィジャレアルがローンでの獲得をした際に期待していたポテンシャルを徐々に発揮し始め、レギュラーとして先発するようになった。

特に注目すべきは、ウナイ・エメリ監督が率いるヴィジャレアルで、右サイドバック、センターバック、守備的ミッドフィルダーとしてプレーし、その多才ぶりを発揮していることだ。

ミッドウィークに敵地クロアチアで行われたヨーロッパリーグでは、ビジャレアルがディナモ・ザグレブを1-0で破り、フォイスは右サイドバックとして90分間フル出場した。

その後、ビジャレアルがホームでオサスナに2-1で敗れた日曜日にも、90分間プレーしている。