/トップ4争いの残り日程:レスター・シティ、チェルシー、ハマーズ、リバプールとの比較

トップ4争いの残り日程:レスター・シティ、チェルシー、ハマーズ、リバプールとの比較

チャンピオンズリーグ出場権争いが続くトッテナムとトップ4争いのライバルたちが、プレミアリーグのシーズン最後の1ヶ月間でどのような対戦カードを残しているかを見てみよう。

トッテナムは日曜日の夜にシェフィールド・ユナイテッドを4-0で倒し、4試合を残して、暫定でプレミアリーグの順位を5位に押し上げた。

トップ4入りへのわずかな望みをつなぐためには、ブレイズ戦での勝利がどうしても必要だったが、ライアン・メイソンのスパーズは絶好調で、4位のチェルシーとの勝ち点差を5に縮めた。

来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権を獲得するために、スパーズが現在できることは、すべての試合に勝ち、最終節までの他のチームの試合結果が自分たちの思い通りになることを祈ることだ。

残りの4試合に向けてまだまだ多くのことを成し遂げなければならないが、ライバルたちもまた今後数週間の間でかなり難しい試合を控えている。

では、最後の追い込みに向けて、トッテナムの残りのリーグ戦は、レスター・シティ、チェルシー、ウェストハム、リバプールなどと比べてどうなのかを見ていこう。

トッテナム – 勝ち点56

5/8 – リーズ・ユナイテッド (A)

5/16 – ウルブズ (H)

5/19 – アストンヴィラ (H)

5/23 – レスター・シティ (A)

トッテナムはシーズンを締めくくるのに理想的な舞台を残しており、最終日のレスター・シティ戦ですべてが決まる可能性がある。

メイソンにとって2つのアウェーゲームでの勝ち点獲得は難しいだろうが、多くの人がスパーズのホームゲームであるウルブズ戦とアストンヴィラ戦での勝利を期待している。