/ヴォルフスベルガー戦(2nd leg)の先発メンバー考察:主力は温存、誰にプレー機会を与えるか…

ヴォルフスベルガー戦(2nd leg)の先発メンバー考察:主力は温存、誰にプレー機会を与えるか…

週末のバーンリー戦で先発する可能性が高いベイルは、後半に何分か出場させることで試合感を維持することに意味があるのかもしれない。

また、スパーズがこの試合を立ち上がりから完全に支配できるのであれば、デイン・スカーレット、デニス・サーキン、マーセル・ラヴィニエといった若い選手にもプレー時間を与えたいところだ。

ハート、ドハティ、タンガンガ、アルデルヴァイレルト、デイヴィス、シソコ、ウィンクス、ラメラ、デレ・アリ、ベルフワイン、ヴィニシウス

ロブ・ゲスト – トッテナム・ホットスパー担当記者

机上の計算では、先週の木曜日に4-1で勝利し、セカンドレグをホーム・アドバンテージを持って戦えるトッテナムは、かなり安全圏にあると言えるだろう。

つまり、ジョゼ ・ モウリーニョは、必勝態勢で臨まなければならない日曜のホームでのバーンリー戦に向けて、ハリー ・ ケインら主力を温存することができる。

スパーズはヨーロッパリーグのラウンド16に片足を踏み入れており、ウーゴ・ロリスを出場させる必要はないため、まずジョー・ハートの名前が載り、さらにハマーズ戦の4バックからジャフェト・タンガンガをエリック・ダイアーに替えて来るだろう。

ハリー・ウィンクスとムサ・シソコはヨーロッパリーグでの中盤のペアとして継続し、ルーカス・モウラに替えてステーフェン・ベルフワインがワイドのポジションで先発しそうだ。