/ヴォルフスベルガー戦(2nd leg)の先発メンバー考察:主力は温存、誰にプレー機会を与えるか…

ヴォルフスベルガー戦(2nd leg)の先発メンバー考察:主力は温存、誰にプレー機会を与えるか…

直近のプレミアリーグの6試合で5敗目を喫したスパーズは、オーストリアのヴォルフスベルガーに勝利することで、必要とされる自信を取り戻すことができるだろう。

先週のヨーロッパリーグ・ラウンド32のファーストレグに4-1で勝利したトッテナムにとって、3点のリードとホームでのアドバンテージがあるために、この試合はかなり簡単なものになるはずだ。

では、モウリーニョはヴォルフスベルガー戦の先発イレブンに誰を起用するのだろうか?

Football Londonのトッテナムの担当記者たちが、トッテナム・ホットスパー・スタジアムで指揮官が先発メンバーとなるチームを予想した。

アラスデア・ゴールド – トッテナム・ホットスパー担当記者

ジョゼ・モウリーニョが決断しなければならないのは、今まさにピッチ上でプレー時間を必要とする選手たちにそのチャンスを与えるか、それとも主要な選手に自信と勢いを持たせるためにプレーさせるかの2択だ。

モウリーニョは前者の選択肢をとる可能性が高いが、先週ギャレス・ベイルが見事に実践してみせたように、プレミアリーグでインパクトを与えるために選手たちが自分をアピールするチャンスを与えたいところだ。

ウーゴ・ロリス、ピエール・エミール・ホイヴィア、ハリー・ケイン、ソン・フンミンらをここでプレーさせる必要はない。