/アダマ・トラオレを補強ターゲットにしたダニエル・レヴィ会長はチーム再建を支持 [Telegraph]

アダマ・トラオレを補強ターゲットにしたダニエル・レヴィ会長はチーム再建を支持 [Telegraph]

マウリシオ・ポチェッティーノはセルジュ・オーリエを2300万ポンドで契約し、ジョゼ・モウリーニョはドハティに1470万ポンドを費やし、ヌーノ・エスピリト・サントが指揮を執っていた時にオーリエの契約を解除してエメルソン・ロイヤルを補強した。情報筋からは、スパーズが2580万ポンドの支払いを申し出たことをバルセロナ側は未だに信じられないでいるとのこと。

トッテナムは、ウルブズがトラオレに付けた2000万ポンドの評価額を提示できる場合、これまでに右サイドバックの4人の補強に8350万ポンドを費やしたことになり、ウォーカーと2019年夏に2000万ポンドでアトレティコ・マドリードに移籍したキーラン・トリッピアで合計7000万ポンドを回収したことになる。

スパーズがエンドンベレに5380万ポンドを注ぎ込んだのはトリッピアが去った夏で、当時、エンドンベレはポチェッティーノのもとで働くことこそが自身の改善につながると信じて、他クラブからのより大きなオファーを拒否していたのである。

しかし、ポチェッティーノはその数ヶ月後に解雇され、スパーズでの環境は大幅に変わってしまった。あのタイミングでの変化は、当時、同様の理由でクラブに移籍して以来苦労しているジオバニ・ロチェルソとライアン・セセニョンにも影響を与え続けている。

スパーズのサポーターからブーイングを受け、ついにスパーズでの不調の言い訳を使い果たしたように見えるエンドンベレだが、コンテはこの25歳のミッドフィルダーについてコメントしないことを選んだ。

「正直なところ、このような状況について話すのは正しくないと思っている。誰もが彼の態度に物申したいだろうけど、わかるかな?このような状況について話したくはないんだよ」

「私はメディアの前で選手のことを話すのは好きではないんだ。これはフェアではないんだよ。もし彼に何かを伝えたり、何かをしたりしなければならないのであれば、プライベートな方法で行うよ。メディアの前でそれを言うべきではない。それは間違っているよ」