/アダマ・トラオレを補強ターゲットにしたダニエル・レヴィ会長はチーム再建を支持 [Telegraph]

アダマ・トラオレを補強ターゲットにしたダニエル・レヴィ会長はチーム再建を支持 [Telegraph]

アヤックスはステーフェン・ベルフワインに興味を示しているが、オランダのクラブの提示したオファーはまだトッテナムの評価額には遠く及ばず、スパーズはマット・ドハティとデレ・アリの売却またはローンでの放出にも前向きだ。一方でハリー・ウィンクスは、コンテを納得させるに十分な活躍をしている。

「パラティチと私はいつでも話すことができるので、会長と話す機会が持てるのは重要だったんだ」

「それに、私は正直でいつも真実を伝えることができる関係を築きたいからね。私は、良い関係を保つために都合のいい嘘をついたり、自分を腰が低い男に見せたり、過度に礼儀正しく振る舞うのも好きではないんだ。だから、このミーティングでは本当のことを話して、いいミーティングになったよ」

「クラブは(監督就任から)1ヵ月後にミーティングを開くよう求めたが、私は断わったんだ。私にも、選手たちにも時間を与え、誰がこのクラブに残るにふさわしいかを見極めるためだ。今、状況は非常に明確になっており、私はこのミーティングを行った。会長との話し合いに満足しているし、これでもう大丈夫だよ」

「今、私が辿るべき道はただひとつ。それはピッチの上、毎日のトレーニングにある。状況を改善する唯一の方法は、選手のレベルを上げることであり、そうすることでチームのレベルも上がっていく。そして、クラブもその状況を知っているので、もし別の方法(戦力補強)で私を助けてくれるのであれば、ありがたいことだ。そうでなければ、私は今まで通りのやり方で仕事を続けるよ」

ACミランのミッドフィルダーであるフランク・ケシエは今夏で契約が切れることもあり、トッテナムが獲得に関心を持っている。

スパーズとチェルシーの間に生まれたギャップを埋めるために、現在、コンテが困難な仕事に直面することになったのは、この冬にトッテナムが右ウイングバックの獲得に突き進むことを決定したことに象徴されており、これまでの失敗の連鎖を浮き彫りにしている。

コンテがチェルシーでの獲得を望んでいたカイル・ウォーカーを2017年に5000万ポンドでマンチェスター・シティに売却して以来、トッテナムは3人の右サイドバックを獲得し、3人の監督を解任している。