/アダマ・トラオレを補強ターゲットにしたダニエル・レヴィ会長はチーム再建を支持 [Telegraph]

アダマ・トラオレを補強ターゲットにしたダニエル・レヴィ会長はチーム再建を支持 [Telegraph]

ACミランのフランク・ケシエにスパーズからの関心が寄せられ、一方、ウルブズのアダマ・トラオレとスパーズは現在交渉中である。

トッテナム・ホットスパーは、ダニエル・レヴィ会長、フットボール部門マネージング・ディレクターのファビオ・パラティチ、そしてアントニオ・コンテによる自由闊達に意見を出し合ったミーティングを経て、今月の移籍マーケットで3人の選手を獲得しようと優先しているようだ。

日曜日にTelegraph Sportは、レヴィがスパーズのオーナーであるジョー・ルイスとバハマで過ごしていたことを伝えたが、月曜にそのバハマからイングランドに飛んで戻り、コンテとパラティチとミーティングを行った。

3人は、右ウィングバック、ミッドフィルダー、アタッカーを今月の最優先の補強ターゲットとすることに合意しており、ウォルヴァーハンプトン・ワンダラーズのアダマ・トラオレとパラティチが交渉中だと理解される。そしてコンテは、自身が希望する補強をクラブが達成できるかを見届けることになる。

コンテは理想的には新しいセントラル・ディフェンダーも獲得したいところだが、それは好機が訪れない限り夏まで待たねばならないかもしれない。

コンテは移籍についての話題とは別に、現在のチーム戦力についての評価を下し、それはレヴィの耳には聞くに堪えないものであった。レヴィは、スパーズの水曜夜の対戦相手であるチェルシーとの間に大きな差が開いてしまった4年半の失政*の後、クラブの人材採用を改善しなければならないことを認めている。

*アントニオ・コンテがチェルシーの監督としてプレミアリーグ制覇を成し遂げた2017年夏を指している。先日、コンテが「リーグ制覇を果たしたチェルシーはリーグ最強ではなかった」と語り、リーグ2位だったスパーズの当時の強さを称えたことから。

先週、チェルシーに2-0で敗れたカラバオ・カップ準決勝ファーストレグの後、コンテはトッテナムのチームのレベルを「中位のクラブ」と表現した。さらにクラブはリーグ1のモアカムとのFAカップ3回戦で、途中交代時にサポーターからブーイングを受けてピッチを去ったクラブ史上最高額での補強であったタンギ・エンドンベレをこの冬にローンまたは完全移籍で放出する用意があると見られる。