/ミリクからイングス、ドストまで…最新のストライカー補強の報道をすべて評価 [football.london]

ミリクからイングス、ドストまで…最新のストライカー補強の報道をすべて評価 [football.london]

ディエゴ・コスタ

年齢:31歳

クラブ:アトレティコ・マドリード/スペイン

コスタはチェルシーでの共闘を経て、モウリーニョとの再会が噂されている。

このストライカーの契約は来年の夏までとなっており、アトレティコは相応の移籍金を得たいのであれば、この夏の移籍マーケットの期限前に移籍させる必要がある。

しかし、スパーズが補強に動くとの報道は常軌を逸していると考えられている。

バス・ドスト

年齢:31歳

クラブ:アイントラハト・フランクフルト/ドイツ

ドストは、最も新しくスパーズへの移籍が取り沙汰されている名前だ。

スポルティングでは127試合に出場して93ゴールを挙げ、アイントラハト・フランクフルトでのデビュー・シーズンに10ゴールを記録している。

Daily Mailによると、この選手と契約するには550万ポンドが必要とされており、スパーズはケインの控えの補強のために資金を捻出する大幅に軽減できるという。

ドストは過去にスパーズへの移籍が噂されていたが、彼は196センチの長身であるため、相手チームにとっては手強い存在となるだろう。