/ミリクからイングス、ドストまで…最新のストライカー補強の報道をすべて評価 [football.london]

ミリクからイングス、ドストまで…最新のストライカー補強の報道をすべて評価 [football.london]

アルカディウシュ・ミリク

年齢:26歳

クラブ:ナポリ/イタリア

ミリクはこの夏の間にナポリを退団する可能性が高いみられ、トッテナムの補強ターゲットとみられている。

このポーランド代表はナポリとの契約の最終年を迎えているが、イタリアのクラブが求める高額な移籍金と、彼の要求する給与額が、移籍成立の障壁になるかもしれない。

ノースロンドンに来れば素晴らしい存在となるだろうが、いくつかのイタリアのクラブが欲しがっているとも報じられており、オファーの数に事欠くことはないだろう。

パトソン・ダカ

年齢:21歳

クラブ:RBザルツブルク/オーストリア

オーストリアのRBザルツブルクでの見事な活躍を続けるダカをトッテナムは注視してきた。

1月にザルツブルクから新天地に移り、すでにチャンピオンズリーグで輝きを放っているアーリング・ハーランドと南野拓実と同様に、ダカも27ゴールを挙げる活躍を見せており、ザルツブルクで目立っていたもう一人の選手だった。

アーセナル、リバプール、マンチェスター・ユナイテッドからの興味も寄せられているなか、football.londonはこのザンビア代表アタッカーが今のところはオーストリアに残り、成長を続けることを望んでいると理解している。